Morning Girl

Windows, C#, .NET, Dynamics CRM etc..

【Dynamics 365】【勉強会】Web APIって何? とDynamics 365のWeb APIについて

最近、社内でODataとRESTって何が違うの? という質問がありました。

主にDynamics 365 のWeb APIエンドポイントの話なんですが、Dynamics 365のSDKが結構充実しているせいか、あんまりその辺に詳しくなくても、なんとかプログラミングはできてしまいます。

ただ、最近のWeb APIの流れを見ていると、今後避けては通れない部分だろうなーというのと

新人向けにWeb APIとはなんぞや? って、一度話をしておいたほうがいいんじゃないか? というところで、

社内の個人主催勉強会で色々とお話してみました。

発表資料

www.slideshare.net

Web APIとはなんぞや? というところから

昨今のWeb API事情。なぜWeb APIを学ぶべきなのか

その上で、REST・OData・SOAPの違いとDynamics 365のWeb APIはこうゆうことなのね

という流れになっています。

所感

実は個人的に、一番作るのが大変な資料でした。今までで一番資料を多くあたった気がします。色々と引用も重ねました。

やっぱり、ちゃんとプロトコルとして、仕様がどうなってるのか? というところを調べながら作っていたので

あー自分ちゃんと理解していないなー、とか

こんな仕様だったんだ! みたいな発見

それらを資料としてまとめる難しさ、みたいなものを結構感じました。

特にODataは調べていくうちに、Web APIプロトコルとして、とても素晴らしい思想で作られているな、ってことが感じられましたし

SOAPSOAPでレガシーにはなってしまったものの、その設計思想やWSDLという仕組みは、当時の人達がとても工夫しながら作っていたのであろうことが、様々な資料から感じられました

(もちろん、その複雑さが、デファクトスタンダードへの道を閉ざしてしまったのだろうな、というのも感じられましたが)

あと、この発表をしてから見つけたのですが、下の資料がめっちゃわかりやすいです。

やっぱり私自身はWeb APIを使う側が中心なので、Web APIを作る側の人はよりどうあるべきか? という観点を掘り下げているのがいいですねー。

speakerdeck.com