読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Morning Girl

Windows, C#, .NET, Dynamics CRM etc..

【Dynamics 365】【8.2新機能】エディタブルグリッドを使ってみた 設定手順編

前回の記事では、エディタブルグリッドの機能を色々と紹介しました。

今回は実際の設定手順を解説していきたいと思います。

イングリッドでの設定手順

まず、メイングリッドの設定手順です。

カスタマイズ画面で対象のエンティティを選択後、「コントロール」をクリックします。

f:id:sugimomoto:20161205000639p:plain

通常はタブレットスマートフォンアプリの追加機能を設定する画面でしたが、ここでエディタブルグリッドの設定が可能になっています。

「コントロールの追加」をクリックします。

f:id:sugimomoto:20161205000644p:plain

モーダルで編集可能グリッドを選択し「追加」をクリックします。

f:id:sugimomoto:20161205000648p:plain

コントロールに編集可能グリッドが追加されますので、対象となるUIを「WEB」「電話(モバイル)」「タブレット」を選択します。ここで設定したUIでのみ利用できるようになります。

f:id:sugimomoto:20161205000653p:plain

基本的な設定はこれだけで大丈夫です。

あとは細かな設定になります。

検索フィールドでの選択レコードをフィルタリングできる設定は以下の通りです。

「検索の追加」をクリックします。

f:id:sugimomoto:20161205000710p:plain

対象となるフィールドと、対象となるビュー、また親子関係などで絞り込むことができる機能も設定可能です。

f:id:sugimomoto:20161205000715p:plain

まだ、日本では利用できませんが、ネスト(入れ子)グリッドは以下の通り。

入れ子となったグリッドビューの編集ボタンをクリック(入れ子になったグリッドの親IDはあとで設定するので注意)

f:id:sugimomoto:20161205000721p:plain

対象となる子エンティティ(今回は取引先企業の子にあたる営業案件)を選び、対象となるビューを選択します。

f:id:sugimomoto:20161205000727p:plain

その後、紐付け先のフィールドを設定するため、入れ子になったグリッドの親IDの編集ボタンをクリックします。

f:id:sugimomoto:20161205000734p:plain

バインドするフィールド(今回は営業案件の取引先企業フィールドになりますので、parentaccountid)を設定します。

f:id:sugimomoto:20161205000746p:plain

あとは、グループ化ができるようにするかどうかの設定もあります。

f:id:sugimomoto:20161205000752p:plain

あまり面倒なものは無いですね。

対象UIの設定し忘れだけ注意したいところです。

サブグリッドでの設定手順

サブグリッドの設定方法も同じような形です。

対象となるサブグリッドを選択して、プロパティを表示します。

f:id:sugimomoto:20161205000800p:plain

コントロールから「テンプレート:編集可能グリッド」の+ボタンをクリックします。

(通常のコントロールの追加でも問題無さそうですが、こちらのほうが手軽ですね。)

f:id:sugimomoto:20161205000808p:plain

あとは、対象のUIを決定すればOKです。

f:id:sugimomoto:20161205000903p:plain

機能が高度な割に意外と手軽に設定できるので、気軽に試してもらえればと思います。