読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Morning Girl

Windows, C#, .NET, Dynamics CRM etc..

【Office365】【Yammer】Yammer Enterprise のアクティブ化

Office365 Yammer

前回、前々回とでOffice365 Business Premiumの設定を行ってきました。

今回は、Business PremiumのライセンスについてくるYammer Enterpriseのアクティブ化を実施してみたいと思います。

kageura.hatenadiary.jp

ホーム - Yammer - Microsoft

Yammerライセンス

YammerのライセンスはBasicとEnterpriseの2種類。

Basicは無償で利用できますが、Office365と接続ができなかったり、管理者機能の利用ができません。

ちなみに、EnterpriseはOffice365の【Business Essentials, Business Premium, E1, E3, E4, K1】ライセンスで利用可能です。

f:id:sugimomoto:20151108102205p:plain

価格 - Yammer - Microsoft

BasicとEnterprise実際に何が違うの?

と思ったので、調べてみました。

概要 - Yammer - Microsoft

上記サイトからの抜粋ですが、以下の機能がEnterpriseでは利用できます。

エンタープライズ管理機能

・カスタム ブランディングと使用ポリシー

・ユーザーとアプリの管理

・シングル サインオン

・コンテンツの管理と削除

・ネットワークのアナウンス

・キーワード モニタリング

・電子情報開示用のデータ エクスポート

エンタープライズ統合

・ディレクトリ同期

・システム全体のユニバーサル検索

・電子メールを持たない従業員のプロビジョニング

基本的な機能(投稿やグループの作成等)は変わりませんが、個人的に大きいかなぁと思ったのでは、

【ユーザーとアプリの管理】【ユニバーサル検索】【シングル サインオン】【電子メールを持たない従業員のプロビジョニング】

特に今回Dynamics CRMと連携を試そうと思っていたので、ユーザーとアプリの管理は必須でした。

とゆうわけで、実際に設定手順を紹介します。(といっても特に難しいところはありません)

Yammerの取得

あらかじめ以下のURLからBasicのYammerを取得しておきます。

www.yammer.com

Yammer Enterpriseのアクティブ化

Office365の管理画面から【Yammer Enterpriseのアクティブ化】を選択します。

f:id:sugimomoto:20151108095338p:plain

あらかじめ独自ドメインは設定しておく必要があります。

【Yammer Enterpriseのアクティブ化】ボタンを押すだけで、そのまま対象のYammer ネットワークをアクティブ化してくれます。

Yammer Enterpriseの管理者権限が必要である点に注意しましょう。

f:id:sugimomoto:20151108104321p:plain

f:id:sugimomoto:20151108104332p:plain

以上で、Yammer Enterpriseのアクティブ化は完了です。

f:id:sugimomoto:20151108104336p:plain

画面を更新するとOffice365メニューの中にYammerが追加されているかと思います。

f:id:sugimomoto:20151108104524p:plain

f:id:sugimomoto:20151108095756p:plain

参考

codezine.jp

たうりんの学習帳: Office365とYammerの連携(E1プラン以上)

blogs.technet.com