Morning Girl

Windows, C#, .NET, Dynamics CRM etc..

【Dynamics CRM】【7.1 新機能】Excelインポート用テンプレート使用時にマッピングを変更する方法

Dynamics CRM 7.1になってから、Excel関係の仕様が結構変わっています。

インポート用テンプレートも、以前まではXML形式のものがダウンロードできたと思いますが、ここも変わっていました。

また、以前のバージョンであれば、マッピングの設定を柔軟に変更可能でしたが、その設定方法もちょっとわかりづらくなっていましたので、記録しておきたいと思います。

インポート用テンプレートの変更

インポート用テンプレートは以前までと同様に、各エンティティのコマンドバー[インポート]→[インポートするテンプレートのダウンロード]から取得できます。

f:id:sugimomoto:20150729130721p:plain

ダウンロードしてみると、以前まではXML形式ファイルでしたが、xlsxファイルに変わっています。

f:id:sugimomoto:20150729130921p:plain

中身は大きく変わっているわけでないですが

f:id:sugimomoto:20150729130955p:plain

A~C列に上書きインポートを行う際の必要列が含まれた状態になっています。

f:id:sugimomoto:20150729131026p:plain

インポート用テンプレートを利用した際のマッピング変更方法

上記インポート用テンプレートを使用した場合、フィールドマッピングが変更できません。

(もしかしたら、以前のバージョンでもそうだったかも……?)

以下のように対象エンティティなどもすっ飛ばし、そのまま送信画面に行ってしまいます。

f:id:sugimomoto:20150729131331p:plain

f:id:sugimomoto:20150729131335p:plain

そのため、一度ExcelテンプレートファイルをCSVに変更して保存。

f:id:sugimomoto:20150729131439p:plain

※メモ帳などで開いて文字コードを[UTF-8]にするのを忘れずに

f:id:sugimomoto:20150729131551p:plain

そうすると、以下のように今までどおり対象エンティティの選択と、マッピング先フィールドの設定、検索フィールドの対象先フィールドの切り替えなども実施できるようになります。

f:id:sugimomoto:20150729131658p:plain

f:id:sugimomoto:20150729131746p:plain

f:id:sugimomoto:20150729131800p:plain

f:id:sugimomoto:20150729131805p:plain

マッピングの変更を実施する場合は上書き用のA~C列は消してしまってもいいかと思います。

備考

このマッピングの変更なのですが、上書きインポートでは実施できません……。

(実施できなくなった?)

例えば、後々検索フィールドを上書き処理しようとして、主属性が重複してた! 違うフィールドを参照したい! と思ってもできませんので、ご注意ください。