読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Morning Girl

Windows, C#, .NET, Dynamics CRM etc..

【Dynamics CRM】【Excel連携】インポート処理の仕様変更?

Dynamics CRM Excel連携

Dynamics CRM 2015 Update1だと思われるのですが、Excelのインポート処理の仕様が変わっている感じがします。

気になっている点

Excelで一括インポートを実施する際、検索フィールドを含めた状態でインポートを実施すると、処理の流れがCreate一発で終わらないんですね。

いったん検索フィールドを含まないレコードが作成され、そのあとに更新処理が走り、検索フィールドを参照していっているような処理の流れになっています。

手順

取引先担当者エンティティのインポートテンプレートをダウンロードし、以下のようなデータを作成します。

検索フィールドは【会社名】で、とりあえず初期のサンプルデータを参照するように構成し、データはとりあえず1000件としました。10件とかでも発生はします。

f:id:sugimomoto:20150721234250p:plain

普通にインポートを実施します。

f:id:sugimomoto:20150721234408p:plain

インポート中の内容を確認します。

f:id:sugimomoto:20150721234448p:plain

レコードが作成されてきたと思ったら、【会社名】が含まれていません。

f:id:sugimomoto:20150721234516p:plain

でも、しばらくすると、【会社名】が入力されていきます。

f:id:sugimomoto:20150721234600p:plain

f:id:sugimomoto:20150721234606p:plain

監査履歴を覗いてみると、一目瞭然。

【会社名】以外が作成された後、【会社名】の更新が走っています。

f:id:sugimomoto:20150721234643p:plain

困ったこと

これの何が一番困るって、ワークフローやPluginで検索フィールドの値を使用していると、その値を扱うことができないのです。

コンソールなどから処理するプログラムや通常のレコード作成では問題が無い模様で、あくまでインポート処理だけで発生しています。

何か続報がわかり次第、またBlogに記載しようと思います。